月別アーカイブ: 6月 2010

パリで見つけるファブリックの洗練①

メゾン・エ・オブジェ・・エコロジーの流れから素材へのこだわり・・エスニックモチーフも・・・

カテゴリー: カーテン | コメントは受け付けていません。

ファブリック物語⑨

四季の」暮らしに馴染む日本の布。どんな インテリアにも不思議と落ち着く藍染の布、繊細な技巧が光る錦の布。長い歴史の中で紡がれ、受け継がれてきた伝統は今も健在です。

カテゴリー: カーテン | コメントは受け付けていません。

ファブリック物語⑧

繊細な糸模様の芸術品レースの世界。ルネッサンスのころ華麗に花開いた手編みレースは瞬く間にヨーロッパ中に広がり各地に特色のある編み方を残しました。レースの幻想的な優しさはいつの時代もおなじです。

カテゴリー: カーテン | コメントは受け付けていません。

ファブリック物語⑦

ギザギザ模様のラグマットで有名なサンタフェ織。青い空と土色の家、ペイント家具に囲まれて、エコロジカルな暮らしのシンボル的存在です。

カテゴリー: カーテン | コメントは受け付けていません。

ファブリック物語⑥

東洋文化と南洋のおおらかさの融合特にインドネシアとタイは布の国として特に有名。宗教色が色違い中で、南国ののどかさも感じられます。

カテゴリー: カーテン | コメントは受け付けていません。

ファブリック物語⑤

神秘的な香りが漂うインドの布。天然の染料や独特の文様は悠久の流れの中で世界各地に影響を与え続けて現在に至っているのです。

カテゴリー: カーテン | コメントは受け付けていません。

ファブリック物語④

花の香りに包まれたプロバンス地方で生まれた、ソレイアードの型押し染めのプリントは、落ち着いた色調と細かいディテールが微妙に絡む不思議な魅力あふれるファブリックです。

カテゴリー: カーテン | コメントは受け付けていません。

ファブリック物語③

野に咲く花のたおやかさ、みずみずしい生命力が、心に響いてくるような美しい布たち。母のぬくもりが伝わるローラアシュレィ

カテゴリー: カーテン | コメントは受け付けていません。

ファブリック物語②

英国ヴィクトリア王朝時代に生まれたリバティは今も英国の暮らしの中に息づいているのです。繊細な小花模様やいなやかな布の質感から生まれる懐かしさに似た安らぎ世界中で愛され続けています。

カテゴリー: カーテン | コメントは受け付けていません。

ファブリック物語①

長く歴史にはぐくまれた美しい布たち・・・布と表現される色々な織物には、それぞれ故郷があります。日頃何気なしに親しんでいる布たちの発祥や故郷を知ると、布をめでる気持ちが一層強まり使いこなし術にも奥行きがでて布と暮らす素晴ら … 続きを読む

カテゴリー: カーテン | コメントは受け付けていません。